たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2023 年 2 月
« 1 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

新着記事

最近のコメント

HOME  > たにちゅーの思惑

ICT Challenge+R ファイナル!!ustream中継!?

2011-08-26 (fri)|カテゴリー:コメント:0

2011年8月27日(あした)

12時30分から,ずっと準備してきた

立命館大学 全国高校生ソフトウェア創作コンテスト

ICT Challenge+R 2011 のファイナルがBKCにて行われます!

是非 BKCまで見に来てください!!

http://www.ict-challenger.jp/final.html

でも,遠方の方とか見れないと思うので

ustream中継を頑張ると思います.(ベストエフォート)

そのURLの告知がよく考えたら公式サイトでできていないので

自分のブログからかってにお知らせします.

http://www.ustream.tv/channel/ict-challenger

↑多分ここ

で,やったこと無いけどブログにustream埋め込んでみる.ソーシャルストリーム付きで!!エンジョイ!!





Free desktop streaming application by Ustream


おさるのかき氷機ww

2011-08-13 (sat)|カテゴリー:コメント:0

こいつが活躍しています.

写真(2011-08-13 21.07).jpg

2000円くらいでノリでロフトで買ったんですが.

使えます!!

電動のかき氷機で,中に氷をいれて,腕のところを握ったら

かき氷がつくれます!

労力ほぼ無し.

立ち姿もカナリキュート.

夏を乗り切るグッドアイテムかと!

201108132106.jpg

今期,気づいたんですが,

普通のドリンクに氷をいれるかわりにかき氷の氷を

いれるとしゃりしゃりしていい感じですね.

これなら,そういう部分もきらくにカバーできちゃいます!

amazonリンクはっとく.


ICT Challenge+R 2011 ファイナリスト発表 及び 最終選考会(8月27日)の一般のお客さん募集!

立命館大学情報理工学部主催で企画し,募集しておりましたICT Challenge+Rの予選選考結果が出ました.

image

http://www.ict-challenger.jp/announcement.html

結局合計11名のファイナリストが選出されまして,

このみなさんが,8月27日に立命館大学BKCのエポックホールで

ファイナルを戦います!!

持ち時間10分のガチンコ勝負です.

ファイナル選考の時点から審査員の中で

「これ,ぶっちゃけ,高校生云々じゃなくて,面白いよね~」

というようなリアクションが続出な,楽しみなグレート高校生達のアプリやメカ..

 

一般の観戦自由ですので,ぜひお越しください!!!(もちろん参加無料!)

# とくに情報理工学部の学生諸君,絶対見に来ようぜ!

 

日程・会場

期日:2011年8月27日(土)12:00~16:25

11:30~12:00
受付

12:00~12:30
開会式

12:30~16:25
ファイナルプレゼンテーション
※各ファイナリストの持ち時間は10分間です。
10分間の中で、作品のアピールポイントや工夫した点などを含めて、作成したソフトウェアの内容や魅力をアピールします。

場所:立命館大学びわこ・くさつキャンパス エポックホール(エポック立命21内)
→ 交通アクセスはこちら

SICE-SI部門講演会でOS「記号創発ロボティクス」やります.

2011-08-11 (thu)|カテゴリー:コメント:0

本年末の計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会
においてもOS「記号創発ロボティクス」を開催することと致しました.
申込締切は9月2日(金),原稿締切は10月7日(金)となります!

興味のあるかたご投稿いただけると助かります!

第12回 計測自動制御学会
システムインテグレーション部門講演会
http://www.si-sice.org/si2011/
オーガナイズドセッション「記号創発ロボティクス」

ロボット研究,音声言語,画像研究を含むマルチモーダルインタラクション研究の
発展に伴い,ロボットが人間と共生することを目標とすると共に,記号過程を内包
した人間知能の構成論的理解を進める研究が始まっている.
記号創発ロボティクスでは我々人間が扱う記号を動作学習や環境認識の学習,
言語運用に関わる能力の学習などと密接に関わりながらボトムアップに組織化される
動的現象として捉える.本セッションではこのようなボトムアップな知能の構成に
関わる研究テーマについて議論する.

トピック例: マルチモーダル対話,概念学習,語意学習,言語獲得,
対話戦略・対話調整とスキルの学習,言語発達,言語進化,動作の言語化,
動作の分節化,タスク遂行とスキルの学習,強化学習,模倣学習
環境の分節化,一般物体認識・学習,実世界理解,シンボルグラウンディング など

申込締切: 2011年9月2日(金)
原稿締切: 2011年10月7日(金)

期 日:2011年12月23日(金)~25日(日)
会 場:京都大学 吉田キャンパス
講演原稿:A4判 2~4ページ (日本語または英語)
講演時間:1件15分程度(スロットにより異なる場合あり)
講演言語:日本語のみ(英語での発表をお考えの場合には,国際会議SII2011への論文投稿を強く推奨いたします)

オーガナイザ
谷口忠大(立命館大学)
岩橋直人(情報通信研究機構)
長井隆行(電気通信大学大学院)
田口亮 (名古屋工業大学)
杉浦孔明(情報通信研究機構)

【動画】ケインズvsハイエク

2011-08-01 (mon)|カテゴリー:コメント:0

あまりに良かったのでtwitter だけじゃなくてブログでもシェアします. ケインズvsハイエク

 

ケインズvsハイエク 第2ラウンド

 

 

ケインズとハイエクの違い,ボトムアップとトップダウンの違いがよくわかります.

 

世界をモノとして見るか,生命として見るかでしょうか?

ややこしいけど,別の言い方をすると

システム工学的にみるかシステム論的にみるか

ということかもしれません.

 

ボトムアップな創発システムとして,世界を捉えない限り

ミクロ・マクロループはとらえられないよ.

HCI2011 @フロリダ–> 社会的知能発生学研究会 @金沢 から帰ってきた

2011-07-18 (mon)|カテゴリー:コメント:0

ただいま帰ってきました.

といっても最近ブログ書いてないので,なんともですがー

7/11-16 にHCI2011 でフロリダにいってまいりました.

IMG_20110712_200142

# 室蘭工大のS先生と宇都宮大学のI先生とシーフードやさんにいきました.

 

実は始めての東海岸だったんですが,とおいですねー.

 

そのあと 17-18 に金沢まで 社会的知能発生学研究会に出席ー.

 

4月~6月 なにかと体を壊していたので警戒しつついきましたが

なんとか元気にもどってまいりましたー.

 

HCIでは始めて自分が指導教員として指導している修士学生が国際会議で

発表するという経験をいたしまして,また,一歩前進な感がありますね.

 

いろいろな人のサポートを得て,ふたりとも,見事に発表できてました!

【教員公募】立命館大学情報理工学部知能情報学科(教授・准教授公募)

2011-07-18 (mon)|カテゴリー:コメント:0

もはや日記とかブログの域の話ではございませんが,

折角ですので宣伝します!

私が現在所属する立命館大学の情報理工学部知能情報学科で

知能ロボティクス関連分野での教授・准教授(任期なし)の公募がでました!

関連分野の専門の若手の研究者のみなさま!ふるってご応募ください!

 

以下,

http://www.ritsumei.jp/job/detail143_j.html

より引用

 


教員の公募について

拝啓

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。立命館大学総合理工学院情報理工学部では、この度、下記の要領により新たに教員を公募することとなりました。つきましては、ご多用中のところ恐縮に存じますが、貴機関、関係各部門等にご周知方よろしくお取り計らい下さいますようお願い申し上げます。

敬具

【任用職名】 教授または准教授

【募集人数】 1名

【所 属】 情報理工学部 知能情報学科

【教育・研究分野】 知能ロボティクス分野(たとえば、ヒューマノイドロボット、ロボットマニピュレータ、自律移動ロボット、テレオペレーションシステム、ヒューマン・ロボット・インタラクションなど)。なお、専門科目のほか学生実験(ロボットを扱うテーマなど)やプログラミング演習も担当していただきます。

【応募資格】 博士の学位を有し、専門分野の研究業績があり、本学での教育・研究に熱意をもって

いる方

【給与等】 立命館大学給与規程等による

【着任時期】 2012年4月1日

【提出書類】 ①履歴書(様式1、様式2-1によること。要署名または押印)

②教育研究業績書(様式2-2によること。

※ ①②の書式は本学ホームページよりダウンロードできます。

http://www.ritsumei.jp/job/index_j.html

③最終学歴の学位証明書

④主要研究業績(著書または論文)5編以内(コピー、抜刷可)

⑤現在までの研究内容の説明と今後の研究計画の概要、および、当該研究分野の将来展望について(1500字程度、書式自由)

⑥本学における教育に対する抱負(500字程度、書式自由)

⑦応募者について参考意見を伺える方2名の氏名・所属・連絡先ならびに応募者との関係を記した書類(書式自由)

※ 採用決定までに、本学保健センターにて健康診断を受けていただく必要があります。

※ 提出書類は返却しませんので、予めご了承下さい。なお、応募においてご提供いただいた個人情報は、本学の規程に従って適切に管理し、採用選考以外の目的には使用いたしません。

【書類提出先】 〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1

立命館大学総合理工学院情報理工学部「教員任用人事係」宛

※応募封筒には『知能情報学科 教員応募書類在中』と朱書きして、必ず書留にて郵送してください。

【応募締切】 2011年 10月21 日(金)(必着)

【問合せ先】 立命館大学総合理工学院情報理工学部教学課(担当:山田・山中)

TEL:077-561-5202 FAX:077-561-5203

E-mail:johokobo [at] st.ritsumei.ac.jp

政党を確率的に寝返るべし?~二大政党とクラスタリング~ギブスサンプラーで内部闘争なき安定政治??

2011-07-16 (sat)|カテゴリー:コメント:0

さて,政治×機械学習ネタ第二弾.

今回はもう少し機械学習的には初等的な話!?思いますが・・・

# 第一弾は「ノンパラメトリックな政治家とパラメトリックな専門家」を御覧ください.

 

今回も「こんな考え方あり得るよ」的なおはなしでして,どこの政党がどうであるとか政治批判をする
ような考えは毛頭ございませんので,そういう批判はご勘弁.

また,不謹慎だ!とかいうおはなしも,あくまでクリアな数学のお話ですのでご勘弁.

続きを読む

立命館・全国高校生ソフトウェア創作コンテストとAO入試の一部免除(ホボ免除!?)について

2011-07-15 (fri)|カテゴリー:コメント:0

ブログでも宣伝しておきます.

締切りが2週間後に迫っていますが,出来る人ならまだ間に合うはずです!

 

「立命館・全国高校生ソフトウェア創作コンテスト「ICT Challenge+R 2011」において、個人でエントリーし、ファイナリストに選出された方は、「①C 言語によるプログラミング能力を評価する試験」を満点扱いのうえ免除します。」

(情報理工学部AO入試要項より) http://bit.ly/ppCIW3

あまりちゃんと広報されていませんが,本当のことです.

http://bit.ly/pmOG77 ←AO入試 学部独自方式.

7月29日の締切りまであと2週間ですが,該当しそうな高校生には,

お知らせしていただければと思います!

 

実質,自分の作ったアプリケーションやサービスが大学入学のチケットになるような,画期的な制度です.

 

image

↑ICT Challenge+R 2011 サイト

 

↓情報理工学部の学部独自方式が対象です.

image

 

国立大学では考えられないスキームの確立,大学像の模索を考え

正直,昨年から学部内で仕掛け(企画)始めて,なんとかここまで来ています.

是非,ご支援のほどを!

 

アメリカのプライベートスクール(私立大学)に負けていられませんから.

ノンパラメトリックな政治家とパラメトリックな専門家

2011-07-14 (thu)|カテゴリー:コメント:1

情報の表現において,ちょっとおもいついたこと.

 

本コラムは,まったくの,僕の妄想であり,別に論証されたことではございませんので

ご注意ください.

 

なぜ,政治家は「誰々と酒を飲んで,話を聞いて共感した!」みたいな発話が多いのか?

その一因かもしれないことを機械学習屋さん(?)っぽく考えてみた結果.

 

続きを読む

 Page 5 of 113  « First  ... « 3  4  5  6  7 » ...  Last » 

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.