たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 7 月
« 1 月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  日記 > JUJU with JAY’ED 明日がくるなら

JUJU with JAY’ED 明日がくるなら

2009-05-08 (fri)|カテゴリー:

JUJU with JAY’ED 明日がくるなら

"3">http://www.youtube.com/watch?v=QGqCvXkTkdA

がええかんじ☆

 

最近,どうもいい曲に巡り会えなかったがー.

かなりゴキゲンだ!

 

去年末にspontanious feat. JUJU の「君のすべてに」が,なかなかゴキゲンで,
久しぶりにいいのがきたなー.と思ってた.

最近のヒット曲を聴いていても,どうも「新しさ」が無いのだ.

新しさが無ければ「なつかしさ」がくるのだが,なつかしさも繰り返されると,ベタなだけ.

ヴォーカル力だのみになってきて,
コブクロとかミスチルでとりあえず安心しておくという時代が続いた感じがする.

若手も出てきてるのだが,Greeeenにしろ青山テルマにしろ,曲,歌が荒いし,特に新しくない.

Greeeenとかは「なつかしい」系ですね.モンパチが懐かしかった感じをもう一度的な・・.

 

J-POP含め日本の芸能は箱庭文化と言われるが,細部に渡る作り込みが本来の持ち味.

あとは,洋物の「消化」だろうか, これは,白人音楽自体が黒人音楽のエッセンスを次々にとりこんで,
日本的にはR&Bの後にヒップホップを取り込んでしまった時点でやることが無くなってしまった感じがする.

 

んで,

この曲は,作りもうまいし,ヴォーカルもうまい.

調性外のメジャーコードで上げていく感じとか,教科書的なんだがすごくいい.

ヴォーカルの跳躍の難しさや,イレ方もちょうどいいくらい.

そして,デュエット曲でありながら,
ほとんど男女的な感じをださせないで

ハモリとボーカル交代を同じオクターブでボイシングする.

JAY’edがバリ上手いから,できることだね.

 

曲的な作り込みがハンパ無い気がする.

あと,spontania feat. JUJUでもそうだったが,作り込んでいくときに,
複数ボーカルなのを利用して,ほとんどオーディエンスを休ませない作り方.好きでス.

プロデューサーだれなんだろ.

 

JUJUはピンの曲は,とくにええの知らんけど.

男と組むとなんか,つよいわー.

(特にJUJUの歌唱が好きという訳ではない・・・・.)

 

個人的に歌えるようになりたいけど,ちょっと無理かなー.

オリジナルに3度下とか織り交ぜて,独自な感じで歌えるようにしようかしら.

JAY’edがハモってるあたり元にしてライン作ったらなんとかなりそうかも・・・・.

 

最近はもうJ-POP界もネタ切れ感もあるので,こう複合的に「新しさ」を出していく感じですね.

perfumeなんかダンスも込みにして相当新しいと思います

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.