たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 9 月
« 1 月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  日記 > 就活と面接のはなし。

就活と面接のはなし。

2005-07-14 (thu)|カテゴリー:

ほんまに夏ってかんじですなあ。

今日も暑かった・・・・。でも、それ以上に眠かった・・・。

昨日晩に、友人が

「某S津製作所の面接が明日にあるんで、アドバイスが欲しい!」
と、駆け込み寺の如くに我が家にやってきて、 ふたりで、対策を練ってた。

まあ、それでちょっと寝不足なんですけどね。



僕は比較的得意なんだけど、なかなか、「AとBとを絡ませて、美味い話を作る。」

っていうのは難しいみたいですね。

こういう、ストーリーテリングは椹木研では、ボスの伝家の宝刀として

学生も持つことが求められるポイントなんですけど。



まあ、そういう意味では本業ですのでがんばりました。



ちなみに上のAには

「自分」と「志望企業」とか

「自分の大学時代」と「志望企業で職種」とか

「自分の過去」と「志望企業の企業理念」とかが入ります。



もちろん「自分」とからませる以外にも

「世界情勢」と「志望企業の展開」

を使って、自分の志望企業に対するイメージを伝えたり、

「自分の育ち」と「赴任先」を絡めて、勤務地のアピールをするとかですね。



まあ、常にをしっかり“because”を踏まえた話し方をすると

「あ、こいつロジカルだなあ。ちゃんと物事を考えてるなあ」

という、しゃべった内容とは違う次元での評価ももらえるのでプラスですねえ。



でも、逆にロジカル一点押しじゃ、いやみなので、

ちょっとロジカルから外れても面接官の共感をさそえるネタをもっとくのも

強いなあ。



まあ、言っても私は就活は3戦1勝2敗で終えた人なので、

そんなに経験はないんですが・・・。



あと、就活は恋愛に等しいので、

両想いになることもあれば、片想いで終わることもある。

そーゆーもんですわ。

しかし、あれほど人のエネルギーを無駄遣いさせる時間もない気がするわ。



あと、就活は「アピール」が求められるので、「謙遜」に慣れた日本人は苦手ですね。

しかし、面接官はそんな日本人なので、このあたりのワビサビ、ヌキサシが

なんつーか、ややこしいわ。

COMMENTS コメント

  1. みかんです 2005-07-15 (fri)

    夏やー

    夏になってる!いいですね

  2. たにちゅー 2005-07-16 (sta)

    Unknown

    そーねー

    うみいきてー。



    ところで友人は落ちちゃいました。

    厳しいシュウカツ戦線なり

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.