たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 9 月
« 1 月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  日記 > 始発 –> NII –> 日本電気協会 –> 秋葉原 東京18時間

始発 –> NII –> 日本電気協会 –> 秋葉原 東京18時間

2009-08-01 (sat)|カテゴリー:

7/31 7月も最終日

7月4度目の東京出張.

一日18時間動いていたわけだ,スゲ 以下 動き

朝9時からNII@神保町(東京駅の側)にて
NII共同研究「能動的ハンドインタラクションによる実世界言語コミュニケーション の学習に関する研究」の研究打ち合わせ

前泊してもよかったらしいが,5時半起き京都市バス始発で東京に向う.
東京9時なら,間に合うんですよ・・・コレガマタ.
# って,二日前に「前泊する?」って聞かれても,予定作ってますヨ!隊長!

SANY0023

この研究会は,結構みんな先端のネタを出してくるので,面白い.

ちょっと,シンボルグランディングを問題にするにしては,言語に寄っているキライもあるが,それが重要である点ももちろんなので,それはそれでよい.

 

9時~昼食はさんで,16時くらいまで順次発表していって議論.

 

んで,解散.

 

したあと,私は分かれて有楽町へ向う.

 

 

三〇分ほど時間をつぶして,18時に日本電気協会へ.

 

自律分散型電力ネットワーク ECOネットの発案者の一人である,経産OB Mさんに初めて面会するため.

 

京都で出会った後に,東京にうつられたECOネットのエヴァンジェリストMさんとも合流し,会食.

 

Mさんも ファジィ学会で僕が書いた論文を すごく高評価してくださって,

是非,このままドンドン行こうということです.

知能情報技術,自律分散システムという方向で20世紀,中央集権型電力システムですよ.

できたてほやほやの手土産にもスゴク喜んでくださった.

 

「しかし!補助金当てたくらいでよろこんではいかん!」

「これはあくまで助走であり,如何に自立したビジネスとして,走り出せるかが,今後試され出すのだ.」

 

と,会食で盛り上がった.

は・・・はい!ど・・・・努力します!   ....(笑)

 

 

M氏が シリコンバレーに行ってきたらしく テスラのEVにも乗ってきたらしい

「アメリカはマジでヤヴァイ. また,電気自動車だの太陽光でも もっていかれちゃうよ~! 日本はだめだねぇー」

と,危機感をあらわにされてた

「また,アメリカで会社作っちゃおうかなー.」

うーん.寂しいね.

 

補助金に手を挙げてる手前,アレだけど,縦割りの官主導 ばっかりなんよね.

効率が悪いし,意思決定が遅れるし.規制は多いし・・・

チャレンジする環境を作って行くことが大切だヨ,やっぱり.

 

シリコンバレーの動きが相当ショックだったのか,エヴァンジェリストM氏もへこみ気味.

しかし,社内でチームを組んで本腰入れてECOネット構築に動かれているようなので,頑張って欲しいのだ.

なんてったって,ECOネットの大将ですしね.

 

 

 

 

20時半くらいに解散して,JR山手線で秋葉原に

 

 

秋葉原で知人を先日知り合った某社の代表に紹介する.

# 詳細はシャベレマセーン

 

二人とも,すごい面白い人なので,めっちゃおもしろかった.

人生いろいろだナー.

 

特に,某社の立ち上げ期のトラブルを,わらいながら話さはるのが

内容がかなり「えーーー」って感じなんだけど,わらわずには居られない.

終始,爆笑で,結局仕事の話が殆ど出来なかった(笑)ので

 

また,後日,お二人で会われるそうだ.

 

やっぱり,おもしろいひとはおもしろい.

 

ちゅうわけで,気付けば 5時半スタート 23時半 終了.

 

なかなか,激しい,7月最後の東京出張でございました.

 

秋葉原のホテルで一泊して帰るのだ.

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.