たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 8 月
« 1 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  日記 > 天の河

天の河

2009-07-07  (tue)|カテゴリー:

本日は七夕である.

おとぎ話なんて,小さい頃は良く聞く機会があるが,

しょうみ,

大人になったら記憶が薄れる.

織り姫,彦星の話もどないやったかなーと

思ったりする.

 

あぁ, 遠恋の話でしょ?

ちがったっけ?

年に一回だけ会えるって話だよね.

 

まー, 日本とアメリカとか, 京都と東京とか

うん. 最近は近くなったもんだけど,お金の問題とか時間の問題とか

いろいろあったら遠恋してても 年に一回くらいしか会えないことがあってもおかしくない.

 

そう考えると,気になるのは

どっちがどっちに行くかって話やな.

 

織り姫が東京にいて,彦星が京都に居たとした場合には

彦星が東京に行くのか,織り姫が京都にくるのか,それとも中間地点の静岡で会うのか・・・・

てか,彦星と織り姫の立場に立てば天の河の上って事になるからなぁ.

それも難しいか.

7月7日に年に一回しかあえへんのに

「今年はお前こいや」

「あなたが来てよ」

みたいになんのもつれないなー.

 

でも,1000年以上やっとったら,そら,そんなかんじで

さすがにダレてくるよなぁ.

 

もしラブラブが続いてても

「え,自分からコッチに来てくれないってことは,ちょっと気持ちが醒めたんじゃ・・・」

「こっちから,あんまり行く行くいったら,パワーバランスが・・・.軽くみられるんじゃ・・」

みたいな,ことになってきたりするのでは.

 

いやん,アツアツですな.

 

しかし,そんなことを1000年もやっとったら,

端から見てたらホンマどうでもいいカップルや.

 

 

いや,宇宙でもSkypeみたいなもんがあったりしたら,既に

そんなにあいたさも募らなくなってるかもしれん.

 

つーても,「星」やからなぁ~.ぶっちゃけ.

あんまり擬人化しすぎるのもな.

 

 

てか,リアルに星と星がぶつかったらヤバイで,

確実に不可逆過程やで.

 

てことは,見た目に近づいても,実際には近づいておらんってことやな

すれ違いか!  深い!!  ってバカ!

 

 

まぁ,そんな織り姫彦星話を,いつまでも,飽きずに,伝承しつづける日本人も日本人だ.

すごいね.

 

 

ふとおもったが,あんまり七夕のキャンペーンって無いなあ.

 

「年に一度,会いたい人に,会いに行く・・・  JR東海」

みたいなキャンペーンがあってもいい気がするが.

やっぱり祭日と連動しないと,キャンペーンはれんわな.

 

いや,移動に関わらず 七夕って隠れたビジネスチャンスなんじゃ?

七夕には「何かをあげる」習慣ってのもないしなあぁ.

 

と,まぁ,お金の話に 最後はなってしまったわけだが.

 

 

こういう,どうでもいい妄想を,頭の中でつらつらと考えている間は

俺もまだまだ大丈夫だな

と,アイデンティティを確認するのでした.

 

うん,れっつ七夕

COMMENTS コメント

  1. kuboki 2009-07-08 (wed)

    > 「年に一度,会いたい人に,会いに行く・・・  JR東海」

    なんか昔こんなのありませんでしたっけ?
    シンデレラエクスプレスだったか、クリスマスエクスプレスだったか…

  2. たにちゅー 2009-07-08 (wed)

    シンデレラエクスプレスね

    深津絵里もでてた定番CMシリーズね.

    あれはクリスマスかなー

    冬だったよねー

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.