たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 9 月
« 1 月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  時事問題・コラム > [時事問題] けいはんなプラザ 再建可能か?

[時事問題] けいはんなプラザ 再建可能か?

2007-12-08 (sat)|カテゴリー:

けいはんな再生計画素案判明──ホールなど無償譲渡や社債20億円発行

http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news001431.html

 

僕の行っているATR@精華町の目の前にけいはんなプラザという

三セクの施設があります.

貸しオフィスや会議室,宿泊施設などでなりたっているのですが,どの日でもそこに行けば赤字だと言うことは一目瞭然です.

精華町の学研都市計画 by テクノポリス政策 の失策の象徴的存在ともいえましょう.

これが,ついに民事再生を申請しまして,現在再生案が検討中とのこと.

 

現地に立つと,はっきりいって,再生案なんか存在しない気がします.

その地域自体に集客力がほとんど無いからです.

駅前でもない,京都大阪奈良どこからみても比較的郊外の駅からさらにバスにのらなければならない立地,

公共の施策に押されなければ誰がこんな所にこんな投資するでしょうか?

 

パラダイスとして有名だった「私の仕事館」は大量の赤字を垂れ流して消滅.

に対して,けいはんなプラザは再建?

日経に流された情報を読む.

 

これが再建案か?

8割以上の債権放棄を求めた上に,追加融資,

黒字化の目途は,赤字部門をすべて京都府におっかぶせることで達成する.

業務上の付加価値生成といういみでは何も抜本的な改革はなし.

結局,税金の無駄遣いを定着させるだけじゃないか!

うがーーーーー!

 

しかし,京阪奈学研都市の不採算施設をどんどん潰せば,研究機関以外がどんどん消え,
街全体が徐々に沈んでいくのは間違いない気がする.

本当に間違った都市計画の罪は恐ろしいです.

 

都市とは成長ネットワークであることを理解しなかったが為の失敗ですね.テクノポリス政策は.

現在は,その反省を活かし「産業クラスター」としての研究都市作りが目指されているようですが,
官公庁の手にかかればその機微がどれだけ,実現されるのかはさっぱりわかりません.

まー,そーいうわけで

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.