たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 11 月
« 1 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  時事問題・コラム > パリ自転車街角事情(2) ヴェリブ率測定@中心市街地

パリ自転車街角事情(2) ヴェリブ率測定@中心市街地

2009-04-09 (thu)|カテゴリー:

パリについてバスを降りて,ノープランなまま,どうしようかと考えた私ですが,

(過去に一通りパリの名所観光は済ませている.)

さてさて,見る自転車,見る自転車,ホンマにヴェリブにのっとるため,いったいどのぐらいの率でヴェリブに乗っているのか,実数計測をしてみようと思い立った.

単純に中心市街地であるマドレーヌ大通りをぶらぶらしながら,乗っているのを見かけた自転車をヴェリブ,②非ヴェリブ(普通の個人の自転車)に分けてカウントする.

時間は土曜日,16時頃である.

大体,10分以上はやったと思うが,結果は

ヴェリブ 18台 : その他の自転車 20台

だった.N数もまだまだ小さいが,中心市街地では既に半数の自転車はヴェリブとなっているのだ.

これは驚きだった.しかし,ヴェリブステーションのネットワークや,用途の関係で,この確率は場所に依存するはず!とおもい,折角だから別の地点でもやってみることに.

「やっぱ,シャンデリゼ通りでしょ!」

ポップなところから攻めないとね☆

 

SANY0165

シャンデリゼ通りに移動して,ベンチに腰をすえる.

SANY0164こんどはちゃんと,時間当たりの数量もはかろうとipod touchのストップウォッチを起動.

10分間でどれだけの自転車が,かのシャンデリゼ通りをとおるのか!!??

厳密を期すために,手前の西向き,凱旋門方向のみをカウントすることに.

おーシャンデリーゼ~♪

よーーーい,どん!カモン!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

始めの五分,来た自転車.

ヴェリブ 1台, 非ヴェリブ 1台.

 

あほらしなってやめた.

 

えー,ここで重大なお知らせ.

パリは自転車が少ないです(爆).

 

シャンデリゼ通りは特に少ないのだが,なんでかなーと思うと,車道が石畳なのも原因かも

SANY0166

たしかに,がたがたして走りにくそう.

 

しかし,世界に名だたる観光都市として,抜群の歩行空間のナビゲートと,サブウェイ網を持つパリに於いて,自転車の存在は,ほんとの申し訳程度だ.

初期条件があまりに京都とはかけ離れている・・・・.

ヴェリブの議論を,そのまま京都でやるのは最早論外といってもいいだろう.

 

ヴェリブ5割という数字も,正直,もとの自転車普及が少なすぎるから到達した値であり,このぐらいの数は京都でやっても,申し訳ていどの率にしか達さないだろう.

それでも,ヴェリブはレンタサイクル事業の大成功例であるとのイメージは持った.

つまり,下手な事業者(経営体)が手を出しても,このレベルに達することは出来ない ということだ.

 

とりあえず,測定は,次回につづく

COMMENTS コメント

  1. わかば 2009-04-11 (sta)

    ツールの最終日(シャンゼリゼゴール)では、単独で逃げてる選手とか、パンクで追い上げる選手とかは、写真右端の灰色部分(非石畳部分)だけ走ってるし、基本的には石畳は走りにくいんやろうね。
    京都も自動車が走る部分は石畳にしたら、スピード抑制になっていいんじゃなかろうか?
    ちなみに、石畳はパヴェと言うんだそうです。
    参照:北の地獄パリ~ルーベ
    http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=7890

  2. たにちゅー 2009-04-12 (sun)

    はしりにくいんやろうねー.
    ちなみに,パリは
    「なんでこんなにうるさくて,汚いんだ?」
    とおもったら
    うるさいのは,石畳のせいでした.
    あれは,たまらんよ.
    クルマがとおるやかましさが3倍.
    ちなみに,エネルギーロスも大きいから多分,環境負荷も大きい.
    パヴェっすか.
    覚えておきまーす.

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.