たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 6 月
« 1 月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  研究 > 自動作曲についての研究 つれづれ

自動作曲についての研究 つれづれ

2009-06-18 (thu)|カテゴリー:

人工知能学会2009で

最近,学生S君の発案で始めている音楽創発の研究について

情報収集してきた.

aicon_ie14

音楽のセッションがあって,
阪大の沼尾研というところが自動作曲をやっていました.

楽曲の部分構造と全体構造を考慮した自動作曲システム
https://kaigi.org/jsai/webprogram/pdf/95.pdf

リズムを含めた楽曲構造を考慮した自動作曲システム
https://kaigi.org/jsai/webprogram/pdf/385.pdf

ちょっと,ルールベース感が強くて,これで本当にいけるのかどうか不安な感じもしますが,
・帰納論理プログラミングでルールを獲得
・ユーザがいろんな曲を聴きユーザの好みを推定
・GAで楽曲生成(評価値は内側で持つ)

という流れのようです.
メロディーの生成はやってるかどうか不明.

司会をされていた 片寄晴弘先生が詳しそうでした.
http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/~katayose/

ををを,モロやなぁ

そして,このグループが入ってる
CREST(日本の大型のプロジェクト)の下記がすごいな・・・
http://www.crestmuse.jp/index-j.html

音声認識で超著名な河原先生や,前に出てきた嵯峨山先生とかが
入っている!!

最近注目されているのは
オルフェウス [嵯峨山/小野 研究室]
要チェック
http://itm.hil.t.u-tokyo.ac.jp/automatic-composition/index.cgi

うーん.
やっぱり,研究予算で 初音ミク も買わざるを得ないなぁ~.
仕方ない・・・(笑)

デモが無いと起こられる.
既存の商用の音楽

非常に良くできているのか下記らしい.

デビット・コープ David Cope
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Cope
1. 過去の事例をつっこんで モチーフを抽出
2. 推移率パターンを
3. 全体的な構造を木構造とかで表現する
4. あとはランダムに回す.
5. そのあと人間が選択

今一番いい感じらしい by 片寄先生

Band in a box  が ある意味,比較の為のベースライン?

 

あとISMIR2009

この国際会議が要チェックらしいです.

http://ismir2009.ismir.net/

 

大分,先行研究情報も集まってきたな・・・・.hg

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.