たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 10 月
« 1 月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  TV・映画 > 映画:タッチ

映画:タッチ

2005-09-10 (sat)|カテゴリー:

がタッチ好きでして。

長澤まさみ主演映画をみる口実ができました。



堪能しました。

最近のアタシ、大学はいったばかりの頃に広末。

それに次ぐ久方ぶりのマイブームです。

てかツボですね。

既婚者が何をいっているのかと。 まあ、私個人にたいして、非難ゴウゴウなのはさておき。



タッチを実写映画にすると言う無謀さ。

全てはそこからはじまるわけです。



上手くまとまるハズがない!


はこれを覚悟せずに行ったらしいのですが、

それは間違いです。



監督はジョゼの犬童一心監督。

まあ、もともと余り綺麗にまとめるタイプの映画をとる人じゃないです。



序盤は比較的原作に忠実でしたが、後半はかなり原作を無視していました。

それでいいとおもうんだけどね。

逆に無視せずに2時間にショートカットして作ったら、おもしろくなるはずがない。



ポイントとしてはカッちゃん、タッちゃんにちゃんと双子を使ったところ。

実際、個人をとればそんなに適役ではないんですが、双子をちゃんと使うことで、そこらへんに漂うリアリティは再現。



あと、南に旬の長澤まさみを使うことで、もはや南を南でなくして、かなり等身大の高校生におとしこみ「まあ、これはこれでかわいいからいいやー」という状態に持ち込んだこと。



H2のドラマでひかり役(タッチの南に相当)がちょっと忠実に配役しようとして、結果サッパリだったのに比べるとこれは非常によかったと思うネエ。



まあ、なんにしろ、タッチの映画なんかやろうとすると、みんな、すでにストーリーは頭に入っているわけで、何をみせるのか?がどうしても問題になってしまうとおもう。



どうころんでも成功するはずの無い企画で、ここまでがんばったのは拍手だと思いますよん。



犬童監督。げんざい「メゾン・ド・ヒミコ」も上映中ですが、どっちが本命なんでしょうね。



まあ、供給元の小学館としてはこれでまた、原作の新装版が売れる契機になるわけでしょうし。ええんでないでしょうかね。

COMMENTS コメント

  1. Jump Over the Borderline 2005-09-11 (sun)

    “長澤まさみ”はこれから見るべし!

    ロボコン
    高校野球ばかりが青春じゃない!
    ロボコンとはフィールド内でロボット同士を対戦させて勝負する
    トーナメント方式の高専ロボットコンテストのこと。
    落ちこぼれロボット部の面々と、
    居残り授業代わりに出場した里美が繰り広げる、
    もうひとつの甲子園。

  2. くらら 2005-09-11 (sun)

    なるほろ~

    犬童監督好きとしては、同時期上映の2作品がきになるなる。。。

    長澤まさみ、好きだ!わたしも!! あの話し方とか、か~わ~い~い~

    ・・・女の私がなにいってるんだか。。。

    タッチは、こんなカンジなのね~。ふむふむ

  3. みかん 2005-09-21 (wed)

    はじめ

    相方がタッチ(触ること)好き

    と読んでしまい、あせりました。

  4. たにちゅー 2005-09-22 (thu)

    re:はじめ

    ふつう,そうはよまんわな.

    ぴょんきちの頭の中にそういう考えがあるから

    そうよんじゃうんだよー

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.