たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 11 月
« 1 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  日記 > 京大情報学研究科同窓会委員会でした.

京大情報学研究科同窓会委員会でした.

2008-10-18 (sat)|カテゴリー:

昼前の11時から京大のメディアセンターで京大情報学研究科同窓会委員会の会議をしてきた.

11時からってどうよ???

確実に昼に浸食する気が・・・・・・・

ちなみに,機械系の京機会などに比べると,まだ創立10年ということもあり,卒業生の年齢は低い.

ので,同窓会委員も低い年齢なのです.

 

今までは殆どまともな活動をしていなかったらしいので今年度あたりから事業を増やし,社会人委員(私)なども増員し,
建設的な活動をしていこうというところ.

とはいえ,まだ,非常勤の職員すらいない任意団体組織なので,みんなの時間の「あいま」でやるだけなので,限りはありますが.

とりあえずは,情報学研究科卒業生に会費は払っても同窓会の存在自体知らない人が多いので,とりあえず,
「存在を知ってもらい利用していただく可能性を模索する」という感じで動き出した.

  1. 情報学研究科創立10周年大会でブースを出す.
  2. 京大のICTイノベーションというイベントでブースを出す.
  3. 会報の発行(近日)

あたりが,決定事項として内容がつめられ

以前から出ている,他の大学(女子大!?)との「合同同窓会」(お見合いパーティーみたいなもの?)
については継続調査という事となった.同窓会長(情報学研究科 N助教)が乗り気なので,ヤリマスヨ!
同窓会員のプライベートの充実もサポートだ!

さらに新たに

  1. 紹介用動画の作成
  2. 名称が「京都大学情報学研究科同窓会」では長すぎるので,名称の変更.

について,かなり本腰をいれて議論した.

コレに時間がかかり,結局飯もくわずに3時くらいまでかかった(!)

激しいブレストの結果,有力な名称の候補としては

  1. i-alumni  (今までのMLの名称 informatics alumni と英語そのまんま)
  2. 智楠会  (楠は京大のシンボルマーク,「智」は情報という智を扱うといういみ)

あたりが,有力な候補となった.

他計7候補くらいがあるのですが,11/22の10周年記念行事でも参加者から投票などで意見を聞いて,また会報でも意見を募る予定!

COMMENTS コメント

  1. yoshino 2008-10-19 (sun)

    >存在を知ってもらい利用していただく可能性を模索する
    さぁ、何ができるんでしょうねー。
    とりあえず、各々の研究成果を紹介する、みたいな、学会もどきは、避けた方が無難でしょうね。

  2. たにちゅー 2008-10-19 (sun)

    心配ご無用.
    それをする気は毛頭無いよ.
    研究活動と同窓会活動は完全に独立だし.むしろ,その補集合をやるくらい.
    前回の総会は「とりあえずなんかやる」という中で,声かけられる範囲でという制約の中でやったことで,
    まぁ次回はyoshinoさんも出ていただけるとのことで(?)多様性増す方向になるでしょう.
    とりあえず,交流会・合コン(オイオイ)が主体ですかね.

  3. yoshino 2008-10-20 (mon)

    ま、これから、ということですから、いろいろできそうですね。
    平日なら厳しいですが、土日なら参加できることもあるかと思いますので、また声掛けてください。
    直接メールでも結構です!
    >交流会・合コン(オイオイ)
    重要!
    モチベーションはその一点です。

  4. たにちゅー 2008-10-20 (mon)

    了解す.
    モチベーションに素直になることが大事だね,

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.