たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 11 月
« 1 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  時事問題・コラム > ミュンヘン自転車街角事情(1) 大学の町はやっぱり自転車が多い?+「スタンドあるやん!」

ミュンヘン自転車街角事情(1) 大学の町はやっぱり自転車が多い?+「スタンドあるやん!」

2009-04-06 (mon)|カテゴリー:

CoTeSysのワークショップという仕事で今回ヨーロッパへとやってきた私であったが,実はもう一つの影の使命を帯びていた.

 それは,ミュンヘンの町の自転車に対する政策,道路環境整備などについて現地調査(といっても何となく見てくる程度)することである.

 ご存じのように一昨年くらいから都市問題,地域経済問題,教育問題をなどを契機に,問題意識が熟成され,昨年度から何かと自転車政策に絡み出している私.

 (あ,そういえば自活研に会員登録しました☆)

 日本にいると,何かと「ヨーロッパのすばらしさ」が吹聴される.確かに,京都は迷惑駐輪も多く,自転車と歩行者のトラブルも絶えない.だから,歩輪分離をしっかりやる事が重要なんだが~.

 行く前に,京都の自転車ご意見番(?)KCTPのTさんに「ミュンヘンで何見てきたらいいですか~?」と聞くと,町にいっぱいおかれた無料駐輪設備や自転車のタイプの違い,他にも交通博物館や自転車ショップなどおしえていただいたが,

結局,ほとんど時間が無く,会場間の移動中と最終日の駅までの道のり(観察のため地下鉄に乗らず,敢えて結構歩きました.)を通じて観察するしかなかった.

 しかし,それでも相当,インプレッションがあったので,数回に分けてお届けしたい

「地球の歩き方」曰く,ミュンヘンは130万人の都市で,学生が多く,それゆえに自転車もおおい

って,京都ににてるやん?

さーて,CoTeSysの一日目会場はTUM(ミュンヘン工科大).日本ではメジャーじゃないが,ドイツ内では外部資金獲得実績第3位の強豪.(日本じゃどこだろ?阪大,東工大くらい??)

会場の前の駐輪スペースを見てみると,やっぱりソコソコ自転車がある.

SANY0061 

ウワサに違わず,ほとんどママチャリ型の自転車はなく,クロスバイクやマウンテンが殆ど.

スピードも出そうだ.

あれ,スタンドあるやん.

SANY0063 

自転車街角セッションでも

「なんで京都は放置自転車がおおいんだ?ヨーロッパと違って!?」

みたいな話があったときに,

「日本のママチャリはスタンドが必ずついていて,どこにでも駐められるからだ

という論があり,ふむふむ と思ったもんだが・・・・・

普通に,結構,こっちでもスタンドがついている.

たしかに,スタンドがついているチャリは,壁際でも無いところにとめてあり,

勝手な場所に駐輪可能性を高めているのかもしれない.

じゃあ,スタンドがないチャリは迷惑駐輪しないのか!??

という事については次回の話題としたい.

 

COMMENTS コメント

  1. やせる 歩き方 2009-04-07  (tue)

    やせる 歩き方

    こんにちは。この度、ダイエット情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。

コメントの投稿




*


下記のタグが使用できます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre lang="" line="" escaped="">

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.