たにちゅーの思惑|谷口忠大Home Page(たにちゅー・どっと・こむ)

2017 年 9 月
« 1 月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新着記事

最近のコメント

HOME > たにちゅーの思惑 >  日記 > ソニーの浮沈 有機ELとPS3

ソニーの浮沈 有機ELとPS3

2007-01-10 (wed)|カテゴリー:

昨日,米ラスベガスのコンシューマエレクトロニクスショー(CES)で

27インチまで大型化した超薄型の「有機ELテレビ」を発表した。

http://www.asahi.com/digital/av/TKY200701080308.html

有機ELはソニーが長きにわたり開発を続けていたが,なかなか製品化に漕ぎつけられなかった技術.

SHARP液晶,PANASONICプラズマ,三洋,ソニーは有機ELに研究開発の舵をとっていた.

ところが開発の遅れからフラットブラウン管 WEGAからの切り替えが叶わなかった.

液晶,プラズマ勢にフラットブラウン管は駆逐され,出井 前ソニーCEOの退任の要因となった.

苦渋の決断でBRAVIAという選択肢が生まれた訳である.ソニーじゃなくてサムソンとの共同出資会社が作る,
名前だけソニーパネルという微妙なしろもの.まあ,これが現在ヒットしてるから,また,微妙なんですが・・・.

三洋が激烈な財務事情で有機EL開発から撤退する中で,ついにソニーが有機ELをここまで持ってきたようです!悲願達成!素晴らしい!

これはソニーの上昇要因になるかと思いきや.

 

現在,ソニーが最重要品目に挙げている.

Playstation3の販売が案の定伸び悩んでいます.Wiiが圧倒しています.

http://www.asahi.com/business/update/0109/141.html

任天堂による時代を読んだ玩具のイノベーション,Wiiに叶わないのでしょう.

PS3は技術的にはイノベーションを起こしていますが,
ゲーム機の性能の向上という視点から見るとインクリメンタルなイノベーションでしかありません.

ゲームのあり方を考え直して,過去に何度もコケタ,ペン入力インタフェースで新境地を開拓したニンテンドーDS,大ヒット.

その流れを鑑みるとWiiによるイノベーションは正に家庭用ゲーム機の質的転換.ラディカルイノベーションです.

任天堂のおもちゃメーカーとしての底力を見た気がしました.

ふりかえれば,ファミコンも当時は一台のファミコンを4人ぐらいで囲んで遊んでたもんだ.そういう遊び方が一番楽しかった.

それを家族で再びという,任天堂の想像力とヴィジョンの明確さは素晴らしいと思います.

ソニーは結局は電機メーカーだということです.

 

電池問題に移転価格税制問題http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/30/news077.htmlなど,
マイナス事件にも事欠かないソニー,なんつーか,読めないっすね.

まあ,とにかく三洋の未来に比べると明るいとは思います.

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20070109/257276/

同CESにおける三洋会長 野中ともよ

ソニー会長ストリンガーに比べてなんとオーラの無い・・・.

対談相手がSixApartですか・・・・.ベンチャーじゃん・・・・・.まあ,MovableTypeはスゴイけど・・・・.

コメントはありません。

インフォメーション



tanichuの著作

copyright © Tadahiro Taniguchi All Right Reserved.